訪問介護とは

老人ホームとは有料老人ホームの種類老人ホームを選ぶポイント介護ベット訪問介護

 
   老人介護
  〜家族で協力しあおう!〜

お問合せはこちらから

 
    

 訪問介護とは


訪問介護はホームヘルプサービスとも呼ばれていて、介護保険では3つの種類が用意されています。
それぞれ、サービスの内容が規定されていますので、その範囲内のサービスを受けることになります。
また、それぞれのサービスのなかでも依頼できることとできないことがありますので、事前に
確かめておきましょう。



身体介護

身体介護とは、マヒや拘縮があって日常生活をおくるのに支障がある要介護者を介助し
生活の自立を支援するサービスです。

依頼できるサービス
・ 食事の介助
・ 入浴の介助
・ おむつの交換
・ トイレの介助
・ 歩行の介助
・ 車いすの移乗
・ 衣服の着脱 など

これらの行為を円滑に行うには、老人介護の専門的知識や技能を
必要とします。そのため、身体介護はホームヘルパー2級以上の資格を
持ったヘルパーさんがあたります。

依頼できないこと
医師や看護士が行う医療行為をヘルパーさんに依頼することはできません。
たとえば、喉に溜まったタンを吸引器を使って吸い取るような行為は頼むことができません




生活(家事)援助

生活援助は、老化により体力や機能が低下したり、目や耳が不自由で日常生活に
支障がある要介護者の家事を支えるサービスです。そのため、高齢者だけの世帯や
一人暮らしの方に多く利用されています。

依頼できるサービス
・ 献立、調理
・ 掃除や洗濯
・ 衣服の補修
・ 布団干し
・ シーツの交換
・ ベットメイキング
・ 買い物
・ 病院などの付き添い

依頼できないこと
家政婦さんによるサービスと混同して、要介護者以外の家族にも
このサービスを求めるケースがあるようです。介護保険では、あくまで
要介護者の自立をサポートするためのものです。そのため、家族の
部屋の掃除や家族のための調理などを依頼することはできません。
また、ペットの世話や庭の除草など、要介護者の生活と直接結び
ついていないサービスも依頼できません。また、買い物などに使う
ために貯金通帳などを預かってもらうこともできません。




複合型


身体介護と家事援助の中間型です。依頼できることと、できないことは
それぞれのサービスの範囲以内です。




サービス利用のポイント!


上記のように訪問介護を受けるには3つの中からニーズにあったものを選ぶことになります。
要介護認定を受けると、介護サービスの利用限度額が示されます。例えば要介護2の方ですと
月額約194,000円(全国平均)の介護サービスを受けることができます。
利用者は、この範囲の中で希望にあった訪問介護を含めたサービス計画をたてることになり

その際、上記に説明した3種類の中からどれを希望するか選択することになります。その場合
曜日によって違うものを組み合わせてもかまいません。
例えば、月、水、金曜は身体介護、火と木曜は家事援助ということも出来ます! 時間は30分を
単位としていて、多くの場合は30分以上1時間未満というのが一般的です。
料金は3種類それぞれ異なります。身体介護がもっとも高く30分以上1時間で4,000円程度です
(自己負担は10%)。 次に複合型、家事援助という順番です。
ただし、時間帯によって基本料金が違ってきます。早朝(6〜8時)は加算率が25%
夜間(18〜22時)は25%、深夜(22〜翌朝6時)が50%が加算されるので注意!

訪問介護を含めて、1週間単位の介護計画を立てるにはケアマネージャーに依頼することが
一般的ですが、以上のことを理解して、本人や家族はどのような介護サービスを希望している
のかを、はっきりケアマネージャーに伝えておくことが大切です。








recommend

ダンスを専門で学ぶ

最終更新日:2017/9/28

 

Copyright 2008 老人介護 All rights reserved.